性欲ちゃんねる コンチェルト

  1. HOME
  2. SEX体験談
  3. 泥酔した女子大生をホテルに連れ込んで…

トイレで泥酔している女性をホテルに持ち帰った時の体験談。

泥酔した女子大生をホテルに連れ込んで…

昏睡レイプしている感覚を味わえる

あれは僕が地方に出張に行ったときのことだ。
その日は取引先の人たちに連れられて深夜0時近くまで飲み歩いていた。
そして終電でホテルまで帰ろうと思い駅にある男子トイレに立ち寄ったのだ。
平日で時間も遅かったのでほとんど人はいなかった。
トイレで小便を済ませて一息つき、手洗いに向かおうとしたら
半開きの個室トイレからパンストを履いた脚が見えた。
一瞬何かの間違いかと思ったが、息を落ち着かせてドアに近付いてみる。
するとそこには便器に座ってうなだれる女性の姿が。
倒れているのかと思い恐る恐る近づいてみると息はしている。
そしてお酒のニオイも。
声を掛けてみるが返事は無く、身体を揺すってやっと反応してくれた。
なんとか喋ろうとしていたが呂律も回らない様子。
駅員に報告しようと思ったが、これはチャンスじゃないかと考えた。
少しだけ躊躇したがホテルまで連れて帰ろうと決めた。
彼女に肩を貸して抱えながら起こすと、彼女も素直に従ってくれた。
地上に出てタクシーを拾ってすぐにホテルに向かう。

タクシーの中でとろんと虚ろな表情だったが
ホテルに向かうことに抵抗はなかった。
ホテルに到着しエレベーターで部屋に入ると
彼女はベッドに倒れ込むように横になった。
すぐに眠ったようで気持ち良さそうな顔をしている。
無防備にもスカートが捲りあがってパンティが丸見えだ。
彼女が起きないように丁寧に服を脱がせるとブラからはみ出しそうな巨乳が目の前に。
もう我慢出来ず、僕も服を脱いで彼女に襲いかかった。
半分寝ぼけている状態だったのでほとんど反応しなかったが
下半身の割れ目はグッショリと濡れている。
前戯も無しで生で挿入し、レイプしている感覚を味わいながら突きまくる。
そして一切抵抗しない彼女の膣内にたっぷりと精液を注ぎ込む。
ちょっと休憩を挟んでまた生挿入。合計で3発も彼女の中に出した。
朝になって騒がれるのは面倒なので彼女が起きる前に
ホテル代だけ置いてその場を去った。
我ながら最低だとは思ったが出張先で良い体験ができた。
また一晩限りのアバンチュールを楽しみたいものだ。

Copyright © 性欲ちゃんねる コンチェルト All Rights Reserved.